吹田市議会議員 泉井ともひろ 
 <オフィシャルサイト>

若い力と行動力で大好きな吹田の未来に責任をもって取り組んでいます!

泉井ともひろ

ご挨拶ブログページ ≫ 委員会・議会関係 ≫

令和2年2月定例会「代表質問」(健都について)

【泉井】
健都について質問させていただきます。
 当初予算では、健都における産学官民連携のプラットフォーム構築支援に係る事業者選定の予算が計上されております。健都はハード面では一定整備され、今後ソフト面の充実が求められる中、健都のポテンシャルを最大限発揮するには、好循環を生み出す仕組みが非常に重要となりますが、健康医療審議官は持続可能な仕組みをどのようにイメージしているのかお示しください。

【健康医療審議監】
 健都では、国立循環器病研究センターを中心に、企業等との連携による新たな予防医療、ヘルスケアサービスの創出に向けた研究開発が進められております。
  同時に、公園や図書館、住宅などの市民生活に身近な空間、いわば実証フィールドが整備されていることも健都の特徴です。
  このような産学連携による研究開発を、官、行政が、民、市民を巻き込んで実証フィールドに結びつけることで、健康寿命の延伸に向けた知見やサービスの社会実装を加速させていくことが重要です。
  今回御提案している事業では、民間事業者のノウハウも活用し、このような好循環を実現するための具体的な事業構築や健都関係者によるプラットフォーム構築を進めてまいりたいと考えております。
  イメージとしましては、市民が生活者目線で新たなサービスの実証に参加し、そこで得られたデータなどをもとに、さらにサービスがブラッシュアップされ好循環を生み出していく、こうしたまちぐるみでのビジネスモデル創出により、健康寿命の延伸という社会的課題の解決を図ってまいります。
  以上でございます。


【泉井】
最後に、厚生労働省からカッセイ採用された舟津健康医療審議監が北大阪健康医療都市の責任者としてこれまで取り組んでこられたことや、今後に対しての考え、要望などを最後に好きなだけ熱く語っていただきたいと思います。

【健康医療審議監】
 まず、答弁に入ります前に、貴重な本会議の時間にもかかわらず過分な御配慮をいただき、本当にありがとうございます。大変恐縮しております。 私の人事に関しましては、内示など確定していない段階ではございますので、言及することは控えさせていただきたいと思っておりますが、お言葉に甘えさせていただきまして、これまでの3年間、健都のまちづくりにかけてきた個人的な思い、また、これまでの取り組み、そして今後の展開についての所感を述べさせていただきたいと考えております。
  まず、健都のまちづくりにかけてきた思いについて申し上げます。
  私が着任するに当たって、当時特命統括監の米丸より100ページを超える綿密な引継書とともに、君が後任なら安心して任せられる、健都を国内外に羽ばたかせてほしいという言葉を託されました。引継書の一文一文から、3年間彼がまちづくりにかけてきた非常に強い思いを感じ、同時に彼から託された言葉は、私にとって余りに大きな責任のように感じました。まだまだ未熟な自分がどこまで吹田市の力になれるか、正直わかりませんでしたが、私は在任期間中持てる全ての力を健都のまちづくりにささげ、魂を込めて職責を果たすということを心に決め、これまで業務に邁進してまいりました。
  約3年間が経過し、まちが本格的に動き始めた今、さまざまな講演の機会をいただき、その場で必ず私が申し上げることが2点ございます。
  一つは操車場が機能停止してから約30年間、昭和から平成、そして令和にかけてこれまで携わった全ての関係者の思いが積み重なったまちであること、もう一つは、同時にここがゴールではなく、やっとスタートラインに立ったところだという2点でございます。
  私がこのまちづくりに携わったのは、これまでの歴史からすると、まさに氷山の一角にすぎないとは思いますけれども、ここに来るまで先人たちのたゆまぬ努力があったということは着任後も改めて肌で感じております。
  同時に、ハードだけではなくソフトが重要な健康・医療のまちづくりにおきましては、ここが健都のまちの今後を左右する非常に重要なターニングポイントであることも強く実感しております。少し大げさかもしれませんが、前任者の思いだけではなく、これまでの約30年間と今後の健都の向かうべき方向性のその双方を背負うつもりでまちづくりを進めてきた、これが私の健都のまちづくりに向き合ってきた基本的な姿勢でございます。
  次に、これまでの取り組みと今後の展開についての所感を述べさせていただきます。
  まずはこれまでの取り組みについて。
  私が着任した当初、各エリアの取り組み方針はおおむね決まってはございましたが、現地ではまだ各施設は建っていないという状況でございました。平成30年度から令和元年度にかけて国循を初めとした主要施設がオープンしていきまして、加えてG20保健大臣による健都の視察が実現しました。それぞれの大きな節目におきまして、多くの関係者の皆様に順調なまちの滑り出しを御報告する機会をつくることができ、同時に対外的にもPRできたことは一つの役割を果たせたものと考えております。
  また、私の着任当時、詳細な内容が決まっていなかった主要な取り組みとしましては、一つ目に健都レールサイド公園と健都ライブラリーの一体的な運用に向けた指定管理者制度の導入、そして二つ目に、国立健康栄養研究所の入居先となる健都イノベーションパークのアライアンス棟の整備、運営事業がございました。
  それぞれ健都における予防医療、健康づくりの実戦の場、また、クラスター形成の中核をなす施設としていずれも極めて重要な位置づけとなるものであり、同時にこれまで吹田市で余り例がない官民連携の事業でありました。多くのステークホルダーが関与する複雑な内容ではございましたが、現在各事業が円滑に進捗しているのは、ひとえに歴代担当者の粘り強い調整や綿密な制度設計によるものであり、その努力に改めて敬意を表したいと考えております。
  次に、今後の展開について申し上げます。
  多様な主体が集う健都のポテンシャルを最大限発揮するためには、今のスタートの段階のみではなく、今後も継続的に新しいこと、ものが生まれていく、そうしたまちを目指すべきであると私は考えています。そのため、大きく三つの視点が重要であると考えています。
  一つ目に、健都関係者でしっかりとまとまっていくこと。これは先ほど御答弁申し上げましたとおり、産学官民の好循環を実現するためのプラットフォーム、これを構築していくことが重要だと考えています。二つ目に健都外、健都の外のプレーヤーを巻き込んでいくこと。この好循環は健都という限られたエリアのみではなかなか達成するのは難しい部分があると思います。健都外の企業、研究機関など多様なプレーヤーを巻き込んでいくことが新たなイノベーション創出の機会を拡大していきます。三つ目に健都から発信をして、そして横展開をしていくということです。吹田市としましては健都に集積する資源を最大限活用し、全市的に健康・医療のまちづくりを加速させていく、健都はまさにその拠点であると考えています。健康医療部のみではなく、ここにおります理事者の皆様のお力も添えていただきまして、まちぐるみで健康寿命の延伸に取り組んでいくことが肝要だと考えております。
  以上、これまでの取り組みと今後の展開についての所感を述べさせていただきました。
  最後になりますが、非常に個人的な内容になりまして恐縮ではあるんですけれども、吹田市民として過ごしてきた3年間の中で私の人生にとって大きな転機が二つございました。
  一つは吹田市への赴任直後、平成29年4月の初めに父が他界したことです。委員会なども欠席してしまい、大変御迷惑もおかけしました。父は認知症で北海道、実家の北海道の病院に入院しておりましたが、ほとんどコミュニケーションがとれない状態でした。今思えば、このタイミングだったということは、最後に私の顔を見て、吹田市に迷惑をかけないようにしっかりやってこいと気合いを入れたかったのではないかと、今では思っています。
  父の死に目には会えませんでしたが、それはもともと厚労省に入ったころから覚悟していたことです。吹田市での職務を全うすることができた暁には、必ずや父も喜んでくれると信じ、これまで取り組んでまいりました。
  もう一つは昨年12月に第1子となる娘が生まれたことです。吹田市の部長級では恐らく初となる育休もとらせていただきました。まだまだ未熟な親ですが、この子が幸せに生きていけるまち、また、社会をつくっていきたいと、改めて強く思うようになりました。
  このような大きな転機を経験したまちであり、私にとって吹田市は公私ともに特別なものと強く感じています。3年間まちづくりという仕事に携わりながら、自然と愛着を覚えるようになり、自分を育て、支えてくれた第二のふるさとだと思うようになりました。
  冒頭申し上げたように、健都のまちづくりの歴史から見れば、私が携わったのはほんのわずかな一瞬だと思っています。しかし、この国内外に誇るべきすばらしいプロジェクト、そして、この吹田市のために力を尽くすことができたこの3年間は、私の役人人生の中で本当に誇るべき幸せな時間だったというふうに感じております。
  冒頭のとおりですね、私の人事についてのコメントは差し控えさせていただきたいとは思いますけれども、引き続き職務に邁進をしてまいります。この後まだまだ答弁もございます。引き続き、御指導御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げ、お尋ねをいただきました所感とさせていただければ幸いでございます。
  以上でございます。


【泉井】
 熱い思いを語っていただき、ありがとうございました。東京、厚労省のほうに戻られましても、ぜひ第二のふるさと吹田市ですね、引き続き御尽力賜りたいと思います。
  最後になりますが、今年度で退職される職員の皆様、本当に長い間本市の発展に御尽力いただき、まことにありがとうございます。引き続き皆様の御活躍を御祈念いたしまして、自由民主党会派の代表質問を終わらせていただきます。ありがとうございます。

 
2020年03月11日 17:35

相変わらずの会派

本日、一般質問が全て終わりました。

殆どの議員が昨今の新型コロナウイルスの対応に鑑み、質問を一部割愛し、議会運営に協力するなか、残念なことに、ある会派の議員は質問時間を殆ど使い切っていましたね。
まぁ、いつものことですが、、、
 
2020年03月10日 14:31

再開しました

本日、新型コロナウイルス対応のため延期となっていた議会が再開されましたが、登壇した殆どの議員が質問を割愛して、時間短縮に協力していました。

ただ、同僚議員が留守家庭室(学童保育)の指導員に対する質問をしておりましたが、ベテラン指導員によるパワハラ問題や公私混同問題などを指摘。

私の所にもベテラン指導員によるパワハラをうけていると言った内容で連絡が入ったり、数年前の委員会で指摘しましたが、新しく入った指導員の離職理由に業務外活動をさせられることがあったりと、人手不足の指導員。
もしも、そんな理由で人手が足りないのなら言語道断、とても残念なことです。
2020年03月09日 17:32

緊急要望!

20200303_104516
昨日、市長と教育長に自民党市議団で以下の通り新型コロナウイルス対策に関する申し入れを行いました!


1、留守家庭児童育成室に在籍の有無に関わらず、働く保護者、保育が難しい家庭の児童を、学校の空き教室等に分散して預けるなどの配慮を行うこと。

2、高齢者・障害者施設・訪問系福祉・医療サービス等、疫学上感染の予防が期待できる対象へ災害用備蓄マスクや消毒液等の優先配布を行うこと。

3、私立を含む保育園等の児童施設に対する、休園の判断基準を策定し、公表すること。

4、キャンセル不可の給食食材を市内福祉施設等に寄付または、市民を対象に即売会を開き食品ロスを極力減らすこと。

5、市民生活を守るため、必要に応じて補正予算を含む財政出動を迅速に行うこと。

以上

 
2020年03月03日 10:10

一週間延期

本日、明日と予定していた一般質問が一週間延期となりました。
理由は新型コロナの問い合わせが市民から殺到し職員の負担がかなり大きくなっていること。
総括質疑にも影響が出そうですが、仕方ないですね。

個人的にはマスコミの過剰な煽りに国民が影響され、ネット上ではデマが飛び交い、トイレットペーパーが店頭から無くなる異常な光景が吹田市でも起きていることが残念。

新しい情報は決定次第、市のHPに掲載されるので、そこに載っていないことは、いくら問い合わせても情報は得られません。
気持ちはわかりますが、こんな時だからこそ冷静に落ち着いて判断していただきたいと思います。
2020年03月02日 10:25

本日、代表質問です

20200227_090050
おはようございます。
本日2月定例会、会派を代表して登壇です。

2番目と言うことで、11時前後になると思います!
2020年02月27日 09:01

令和2年2月定例会(令和2年度予算)

20200220_144739
本日より、2月定例会が始まりました。
2月定例会は来年度(令和2年度)の基本予算等を審議する、1年で一番ボリュームの大きい議会です。

今回、泉井は会派の代表質問で登壇します!
新規事業として、以前から要望していたことも盛り込まれていますので、詳細についても少し触れたいと思っています(^^)
2020年02月20日 14:48

令和元年11月定例会 質問動画

こんにちは。
令和元年11月定例会の個人質問の動画がアップされました。
ご覧になられる方はコチラまで。

過去の動画は更新ページの「質問動画集」に掲載しています。
2020年01月14日 15:26

議会広報委員会

おはようございます。
昨日は議会広報委員会でした。
特に問題もなく予定通り閉会。

泉井が委員長をさせていただいた前期は、議会便りのカラー化や議員の議会質問コーナーのスリム化などの取りまとめがあり、かなり大変でしたが、今は平和です。笑
2020年01月10日 11:03

令和元年11月定例会「個人質問議事録」

◆1番(泉井智弘議員) 自由民主党絆の会の泉井智弘でございます。質問をさせていただきます。
 なお、福祉施策につきましては、時間の都合上割愛をさせていただきます。
 本議会でも多く質問がなされております吹田市のいじめ問題について質問をさせていただきます。
 吹田市のいじめ問題が明るみになり、吹田市や吹田市教育委員会の信用が失墜し、その対応や対策についてはこれまで多くの議員が指摘をし、教育委員会は、反省の弁として、事務局内のいじめに対応する組織の見直し、スクールソーシャルワーカーの配置時間の拡充、SOSカードの配布などの対策を講ずるということでした。こういう問題の対策は一刻も早いほうがよいと思いますが、既に実施している対策についてお答えください。
P.229 吉瀬武司議長  
○吉瀬武司議長 教育監。
P.229 大江慶博教育監
◎大江慶博教育監 既に実施している対策につきましては、まず副市長を委員長とする吹田市いじめ対応推進会議を設置いたしました。また、いじめに特化した対応を検討するいじめ検討部会を教育委員会内に設置した上で、法律に基づいた助言を得るために、学校教育に精通した司法の専門家であるスクールロイヤーを既存のいじめ・不登校・虐待防止対策委員会の委員に加えました。
 ほかにもスクールソーシャルワーカーの各校への配置時間の拡充や、新たに任用したいじめ対応支援員3名による生徒指導体制への助言、いじめ対応専任相談員の派遣等を行っております。
 さらに、いじめの早期発見の新たな手段として、こどもSOSカードを市内公立全児童・生徒に配布をいたしました。
 今後は、未然防止の効果が見込まれる対策についても取り組んでまいります。
 以上でございます。
P.229 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 1番 泉井議員。
   (1番泉井議員登壇)
P.229 1番(泉井智弘議員)
◆1番(泉井智弘議員) 今回の問題で、当時の校長は法違反による処分がなされましたが、懲戒処分としては一番軽い戒告処分とされました。吹田市教育委員会は府に対して内申を上げていますが、今回の処分は妥当だと思いますか、お答えください。
P.229 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 教育監。
P.229 大江慶博教育監
◎大江慶博教育監 当時の校長の処遇につきましては、本市教育委員会から大阪府教育庁に内申を行うに当たっては、吹田市いじめに係る重大事態調査委員会、いわゆる第三者調査委員会による調査結果報告書に基づき、事実関係を詳細に確認をいたしました。その上で、いじめ防止対策推進法に照らし合わせて問題点を洗い出し、大阪府教育庁担当課との細部にわたる相談を経た後、提出したものでございます。
 処分の量定につきましては、大阪府の職員の懲戒に関する条例に基づき、他県市等の過去事例等と比較検討した上で公正に判断されるものであると認識していることから、処分量定について異論はございませんが、当時の校長が懲戒処分を受けた事実は厳粛に受けとめております。
 以上でございます。
P.229 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 1番 泉井議員。
   (1番泉井議員登壇)
P.229 1番(泉井智弘議員)
◆1番(泉井智弘議員) いじめ問題以降、教育長はこれまでの議会質疑の中でも、重ねて今後このようなことは起こさないといった趣旨の決意等を発言されております。今後、教職員に対する研修制度等を設けるとのことではありますが、このたびのいじめ問題以降、教育長の指示として、現場に対して落とし込むなどのアクションは起こしましたか、お答えください。
P.230 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 教育監。
P.230 大江慶博教育監
◎大江慶博教育監 まずは担当より御答弁申し上げます。
 教育委員会といたしましては、各校長に対して、いじめ未然防止の観点から、校長の学校運営上の目標として、教職員の意識変革と校内組織体制の見直し、改善を明確に位置づけ、着実に取り組むよう指導、助言を行い、その進捗状況及び検証結果についても、各校長から報告を受けることとなっております。
 また、全小・中学校に対して学校訪問を行い、児童、生徒の様子を視察した上で、いじめや不登校等に関する当該校の実態を校長と共有をしております。
 さらに人権意識を含め、経験や知見も異なる教職員に対して、いじめ予防に資する同質の指導を行うための研修の導入を検討しており、さらに指導者としての言動や態度、振る舞い、社会人としてのあり方等を確認するための振り返りシートの作成にも取り組んでおります。
 以上でございます。
P.230 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 教育長。
P.230 原田勝教育長
◎原田勝教育長 教育長就任以来、いじめは絶対に許さない、いじめから子供たちを守るという信念のもと、今日まで職務遂行に邁進してまいりました。就任当初の思いは何ら変わっておらず、学校現場の実情を把握するために、学校におけるいじめの未然防止、早期発見、早期対応に資する取り組みについて、各校長との個別面談を通して、その取り組みの進捗状況を把握するとともに、市内全ての小・中学校を訪問することで、学校現場の課題、教育的ニーズを校長と共有しているところでございます。
 以上でございます。
P.230 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 1番 泉井議員。
   (1番泉井議員登壇)
P.230 1番(泉井智弘議員)
◆1番(泉井智弘議員) 学校訪問であったりとか教職員の意識変革など着実に取り組むように指導したということですが、残念ながら吹田市教育委員会や教育長の思いが現場サイドまで届いてないように思われます。
 それでは教育長にお聞きしますが、教育長が決意をされてから、何かこれまでに問題はありましたか、お答えください。
P.230 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 教育監。
P.230 大江慶博教育監
◎大江慶博教育監 まずは担当より御答弁させていただきます。
 教育長が就任されて以降ということでありましたら、この議会でも御質問いただいております別小学校で不登校重大事態ということで、いじめに関する事案が1件生起しております。
 以上でございます。
P.230 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 教育長。
P.230 原田勝教育長
◎原田勝教育長 教育監が答弁したとおり、2件目のいじめ重大事態が起こっております。
 以上でございます。
P.230 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 1番 泉井議員。
   (1番泉井議員登壇)
P.230 1番(泉井智弘議員)
◆1番(泉井智弘議員) それ以外は何もないですか、お答えください。何もなければ、ないで構いません。
P.230 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 教育監。
P.230 大江慶博教育監
◎大江慶博教育監 まずは担当より御答弁申し上げます。
 いじめ重大事態ということに限らず、いじめにかかわっては各学校で認知をし、その解消に向けて取り組みを進めているということで、いじめ全般ということの御質問であれば、ほかにも多くのいじめ事案というのは生起しております。
 以上でございます。
P.230 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 教育長。
P.230 原田勝教育長
◎原田勝教育長 教育監から答弁がありましたけれども、いじめについては残念ながら、毎月の報告を受けておりますが、毎月必ずいじめは起こっているというのが現状でございます。
 以上でございます。
P.231 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 1番 泉井議員。
   (1番泉井議員登壇)
P.231 1番(泉井智弘議員)
◆1番(泉井智弘議員) いじめいじめと言うとですね、児童同士の話のようによく思われるわけでございますが、私が聞きたかったのは、教育長として現場サイドまでしっかりといじめに対応する対策をですね、落とし込めてますかということに対して御質問をしておりますので、その現場サイドにその思いが伝わっていたのかどうかという、それまでに今まで対策をとっていただいた中で、何かなかったのかということをお聞きしてますので、ちょっと質問の趣旨が伝わってなかったと思いますので、もしそういうことがあれば、この場で教育長の口からお答えいただいたほうがいいかと私は思います。なければ、ないで構いません。
P.231 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 教育長。
P.231 原田勝教育長
◎原田勝教育長 質問議員の質問の趣旨に沿いますと、学校訪問は頻繁にさせていただいております。その中で、校長あるいは教頭と話をする中で、さまざまな課題があることは認識しておりますし、なかなか、ちょっと言葉は難しいんですが、いじめのみならず、教員の人間関係とか、あるいはちょっと資質に欠けている教員がおるということも報告を受けております。
 以上でございます。
P.231 吉瀬武司議長
○吉瀬武司議長 1番 泉井議員。
   (1番泉井議員登壇)
P.231 1番(泉井智弘議員)
◆1番(泉井智弘議員) なかなか難しい問題ではあると思うんですけども、やっぱりしっかり、このね、議場で説明のその教育委員会の思いと教育長の思いは十分わかります、いろんなところで御答弁されてて。ただ、やっぱりこの処分に対してもそうですけど、私もほかの議員がですね、指摘しているように、処分は軽過ぎると思いますし、人事権についてもやはり吹田市がしっかりと握っていくべきだと思います。やはり現場サイドではその教育長、教育委員会の思いがですね、まだまだ行き届いてないところが多々あると私は思っておりますので、ぜひとも御発言なられるですね、思いが無駄にならないような教育現場にしていただきますよう強く要望いたしまして、私の質問を終わらせていただきます。
2019年12月14日 15:12

モバイルサイト

泉井ともひろスマホサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

◆ 泉井ともひろ 略歴 ◆

昭和56年4月26日生まれ
(生まれてからずっと吹田で育ちました)


  • ・民間企業経験16年以上(営業、福祉)
  • (平成21年~訪問介護事業所の所長として勤務)
  • ・介護福祉士
  • (専門知識と現場経験で市政を鋭くチェックしています)
  • ・吹田市消防団豊津分団班長
  • (平成26年ポンプ車操法大阪大会で優勝、三島地区では初となる全国大会出場)
  • ・単一自治会副会長
  • ・自民党大阪第七選挙区支部青年部幹事
  • ・NPO Kid`sすいた 代表
  • (子供たちが安心して遊べるよう砂場清掃などをしています)
  • ・全国若手市議会議員の役員(事務局次長)
  • ・看護を考える地方議員の会(吹田市代表)
  • ・吹田市議会議員
    (平成27年統一地方選挙にて初当選)各委員会の委員長、副委員長を務め、現在【健康福祉委員会/議会広報委員会】所属
  • ・近畿警察官吹田地区友の会会員
  • ・自衛隊吹田協力会会員

モバイルサイト

泉井ともひろモバイルサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!