吹田市議会議員 泉井ともひろ 
 <オフィシャルサイト>

若い力と行動力で大好きな吹田の未来に責任をもって取り組んでいます!

泉井ともひろ

ご挨拶ブログページ ≫ 委員会・議会関係 ≫

令和元年7月定例会『個人質問』

昨日、個人質問で登壇しました。
今回は先ず、消防力についての質問
吹田市の救急隊の出動回数は2万件を超えるようになりました。そして市長の施政方針でもさらに救急車を増やすということもあり、関連して質問をさせていただきました。
泉井も前期から救急隊の増隊について、その必要性を訴えてきましたので方針については賛成の立場ですが、ただ単に救急車を増やせばよいという事ではなく、隊員の状況についても言及、救急救命士の継続的な確保策、救急隊のリスクや救急車の適正利用について質問と提案をさせていただきました。

次に福祉施策について、私が以前から進めてきました移動支援事業の判断基準の見直しが今議会に上程されまいた。
移動支援は障害者が余暇活動や買い物などを行うのにヘルパー等を利用しサービスを受けるための事業ですが、その障害程度により報酬単価が二種類に分かれています。
これまで、多動性、自傷、他傷、突発的な行動などの症状、精神面での支援が評価されず、報酬の低い「居宅移動」と判断されていた現在の判断基準では支援内容が大変なわりに報酬額が低いので、担い手が少ないという実態があります。

そこで、その判断基準を国が通院等の支援の際に利用している判断基準に合わすことで、上記の症状でも報酬の高い「移動介護」という区分に判断されます。
そうすることで担い手の確保を行い、障害者が安心して外出できる機会を増やすことになります。
今回はその内容について少し確認、この課題解決を指摘・要望してから4年かかりましたが、議会承認後、直ちに事業者に周知すると共に「居宅移動」となっている利用者の見直しを行い、9月サービス実施分から適応するということで、高く評価させていただきました。また細かな詳細については常任委員会で確認します。

次にヘルパーの必要性についての質問は、5月の市報で「介護のしごと」という特集が掲載されていましたが、その内容に市民に誤解を生むような不適切な表現が使われていたことに対して指摘しました。

4つ目の質問は福祉指導監査室のありかたについて質問をしました。
不適切な報酬請求をする事業者に対して甘すぎる対応をとっている福祉指導監査室、その対応についてしっかりと行うよう指摘しました。介護報酬などの福祉サービス費用は殆どが保険や税金です。
水増し請求や架空請求を行う悪質な事業者はもちろんのこと、知らずとも運営基準を満たさないまま不適切な請求を行い、本来もらえない加算などを受けっとていた事業者についてもしっかりと返還させる仕組みを構築するよう求めました。
私からすれば、知っても知らずも不適切な請求を行う事業者は同じだと思っています。なぜなら福祉事業を運営する法人には、運営基準や法令遵守の徹底が求められていますし、法令遵守責任者も配置しなければなりません。「知らなかった」など言い訳にならないのです。

それを許すと、しっかりと法律を守り真面目に運営を行っている事業者が報われないのです。
そのような事が、見過ごされているから福祉サービスの質の底上げができない要因とも言えるのです。

尚、昨今問題となりまいた学校のいじめ問題や、警察官襲撃事件については代表質問や同僚議員が多く質問することから、質問、答弁が重複するため、個人としての質問は控えさせていただきました。
私見ですが、同じ案件でも視点を変えて質問し、違う答弁を引き出すなら良いですが、他の議員と同じ答弁となる質問をすることは時間の無駄ですね。私なら質問を割愛し、提案や要望をして他の質問に時間を使います。
2019年07月23日 12:31

代表質問1日目

改選後はじめの7月定例会、本日、各会派の代表質問が行われました。
歩む会、大阪維新、共産、公明、民主・立憲フォーラムの5会派でしたが、特別目新しい質問もなかったですね。
まあ、市長の施政方針や補正予算自体、前任期の続きのような感じなので、こんなものかと。

そして自民党の代表質問は明日、新選会のあと2番、藤木議員が登壇。
市長の推薦会派として支えるところは支え、時には大胆に政策提案し吹田市の未来をより良いものに導くのも私たちの仕事。

また、泉井個人としては、一番の公約に掲げました私にしかできない福祉行政改革を前任期に引き続き、粛々と進めていきます。
今回の選挙は共産党系団体や共産党公認市議候補は阪口候補を、推薦、応援し、私を悪者にしたくて、したくてしょうがない、ある福祉団体の方々も阪口候補を共産党と一緒に応援していたようですので立ち位置ははっきりと示されました。
ちなみに阪口候補は年間約4憶円も支出する極めて不適切な補助制度「重度加算復活」とかいう公約をあげていましたね。

泉井は長年続いた革新市政下、福祉の名のもとに構築され一部の法人のためと言わざるを得ない非常に偏った補助制度等をフラットにし、真に福祉サービスを必要としている、また真面目に事業運営を行っている、また一番ニーズの多いにも関わらず、放置されてきた訪問系福祉サービス、障害特性からまとまって声をあげることのできない精神障害者施策、さらには不適切な事業運営をしている事業者の是正を進め、限られた予算が一部に偏ることの無いように吹田の福祉施策が充実するよう努めていきます。

そしてこの7月定例会では、私が進めてきた移動支援の判定基準の見直しが提案されています。
その中身については次回の投稿で!
2019年07月18日 16:21

吹田市議会のこと

今日は改選後初めての吹田市議会議長や副議長などを決める日。
『大阪自民は共産党と一緒』というレッテルがはられていますが、吹田の自民党は違うということを選挙でも強く訴えてきました。
そして、今回共産党が副議長にという話が出ていたので、そのまま通すと、やはり共産党と近いじゃないかと言われるので、副議長になりたいなど、これっぽっちも思っていませんが、意思表示と、あることを確認するため、副議長選挙に出馬しました。

結果は玉井議員(共産党)22票
泉井12票、白票1、その他1票

選挙後に1人、新人の方がスミマセン、勝手が解らず間違えましたと、謝りに来られましたが、少なくても自民党(6)、維新(3)、新選会(3)は泉井に入れて下さったようです。しかし結果からもわかるように、公明党(7)はどうやら共産党に投票されたようです。

そして、公明党の吉瀬議長、共産党の玉井副議長という結果になりました。

その他の役も自民党が希望を出していた水道企業団議員も公明党の協力は得られそうになかったので、取り下げた結果、歩む会(革新系?)に決まりました。

政治はこういうことからも信用されないことが多いのでしょうね。各々の私利私欲が複雑に絡み合っているということでしょう。💦

いざとなれば信用、信頼は皆無、裏切りなど当たり前というのが政治。
泉井はそれでもストレートにいきたいと思っています。
2019年06月03日 23:25

感覚のちがい!?

今日は予算総括質疑の日です。今は休憩中ですが、自民党からは沢田議員が代表でスポーツ推進基金の件で質問しました。

この件については、このままってわけにはいけないかなと思っていますが、会派間で話し合いをします。

​​​そして、分科会でも白熱した健康づくり事業団について、他の2会派が質問していましたが、質問に対してまともな答弁ができていませんでした。

あと、市民と歩む議員の会(馬場議員、池渕議員、五十川議員、梶川議員)が、また重度加算の件で質問していましたが、年度途中での予算削減(組み換え)はありえないとか、許せないとか発言していましたが、皆さんに考えて頂きたいのが、会社でも家庭でも、一年間の予算は大体把握し、それに基づいて計画をたてますよね。
例えば旅行も家庭では計算しながら計画をたてると思います。

しかし、生活をしているなかで、必要のない定期契約が発覚、または他のものに切り替えれば安くなるし元々の目的にそったものになることがわかれば、すぐに解約や、切り替えをしないでしょうか?

それは、行政予算でも当たり前に行うべきだと泉井は思いますが、共産党や歩む会は、そんなことはどうでもよい!一年の予算はそのまま執行せよ!と言っているように聞こえます。

感覚の違いでしょうから、あの方々に理解を求めるのは不可能でしょうから、私は私のやり方(状況証拠と正論)で改革をしていこうと思っています。




 
2019年03月19日 12:29

『改革』健康福祉委員会

昨日、今日と健康福祉予算委員会の審議です!
泉井がこの4年、長年続いた革新政権下、福祉の名のもと、また市民の見えにくいところ、さらにはごく一部の法人のために構築された(既得権)と言わざるを得ない事業(年間約3億円)の不適切性を取り上げ、行政意識を含め大改革したことに対して共産党委員が財源のことや負担している市民のことは全く考えていないと思われるいつもの要求質問。

福祉部も見直しの正当化答弁を頑張っていましたが、聞かれたことしか立場上答えられず、困っていたので仕方なく応援質問。

ただ、今回の見直しはあくまで通過点。泉井は完全廃止を求めていますし、まだまだ改革が必要な事業は残っています。

古い考えのもと構築され、いまだにそのままの複数ある事業が、ある程度納得のいく改革ができれば、実効性と持続性のある政策提案をしたいと考えています。
これは泉井しか出来ない仕事!今度の活動にご期待ください。



 
2019年03月12日 12:53

個人質問!と…

CYMERA_20190306_125654
午前中、個人質問をさせていただきました。
一番初めの質問は通告内容とは裏腹に議場に笑いが…笑
また、動画アップします。

そして、お昼にある団体が公開質問状を持参。
当初予算の議会真っ只中、議会最終日の3月25日までに返信せよということ。
質問も私見がかなり入った内容。
さして、団体の会長は自身が理事長の法人会報誌で安部総理、自民党、維新を散々こき下ろし、時には北朝鮮を擁護するようなことも。
そもそもで申し訳ないのですが、文章もいきなり団体の説明から始まるなど、もう少し一般常識を勉強されたほうがよいと思います…

ということで、回答しないとします!(考えは議会やホームページで何度も伝えてます)
2019年03月06日 14:59

質問2日目

昨日は代表質問・個人質問2日目でした。
重度加算の質問もチラホラ出てましたが、内容が薄すぎて、結局補助金要求だけで話になりませんね。
『情』だけで障害者の自立や生活の質の向上には限界がありますし、予算に限りがくれば、それこそ単なる切り捨てとなります。
そうなる前に実効性、持続性のある制度の構築が必要なのです。
事業所も当事者も保護者も補助金依存はいけません。
一部ですが、人の悪口を言っている暇があるなら、真の自立にむけて考えていただきたいです。そして協議がしたいですね。

泉井の質問は明日の午前2番目、多分10時30分~11時の間の登壇となります。
 
2019年03月05日 09:58

平成31年2月定例会

20190228_160159
先週金曜日から2月定例会が開会されました。
この2月定例会は平成31年度の当初予算としてあげられますが、今年は改選期ということで、H30年度と殆ど同じ予算となりますが、まだまだ改善されていないところもあるので、この議会で指摘と提案をさせていただこうと思っています。

そして、泉井にとっても最後になるかもわからない個人質問は写真の通りですが、
一つ目は『福祉部内で行われていると噂される議員によるパワハラについて』
二つ目は『被災支援について』
三つ目は『スポーツ推進基金(ネーミングライツ)の使途について』
四つ目は『障害者雇用等について』
です。

一つ目は以前にお伝えしました怪文書などの事実確認を行います。
二つ目は地震、台風の被災支援について提案をします。
三つ目は市立吹田サッカースタジアムのネーミングライツにより確保した財源の使い方について質問をします。なんか、面白くない使い方をしています…
四つ目は障害者雇用についてですが、障害者の就労支援や工賃向上のために、ある団体に約1,000万円の補助金を出していますが、障害者が働いた対価がしっかりと本人に支払われているのか疑問を覚える制度設計になっていることについて質問です。

本会議だけでは時間が足りないので、予算委員会でも質問予定で、少しキツイ言葉にはなりますが、今の授産施設や行政の感覚や意識では授産施設に通所している障害者を一般企業に就職させ、自立させるなど、ほど遠いと思っています。
お金稼ぎは『情』だけでは出来ません。
企業も『情』で雇用はしません。
やはり、健常者でも障害者でも、その本人がどのような仕事ができ、会社にとってどのような利益をもたらすのかを求めてきます。

商売をするのに健常者も障害者もないと思っています。なんでも『情』に訴えかけているように見える活動では物は売れません。消費者は正直です。『情』ではなく、『ほしい』と思ってもらえるものを作らないといけません。就職なら『雇用したい』と思ってもらえる人になる、または、そういう人材だということをわかってもらわないといけません。

 
2019年02月28日 16:04

平成30年11月定例会「最終日」

こんにちは。

本日は11月定例会の最終日。

全ての議案が採決されましたが、市長提案の全ての議案が全会一致および賛成多数で可決されました。

泉井としては、今議会は会派の代表質問で登壇しましたが、答弁調整のことなど、不誠実な対応には極めて遺憾でした。

まぁ終わったことは良しとして、次の行政改革にむけて準備をしています。

 

それはそうと、政治家として活動を始めて4年が過ぎましたが、前回の選挙のときに掲げた公約に対して今、自己評価をしています。議会で取り上げた内容を主に、年明けの会派通信に記載する予定ですので、是非、見ていただければ幸いです。

2018年12月25日 14:06

健康福祉常任委員会

20181213_162752

昨日、健康福祉常任委員会が開催されました。

今回、白熱したのは吹田市立デイサービスセンターの条例改正案と吹田市老人保健施設の指定管理者の指定について、賛成、反対会派で議論がなされました。

自民党としてはどちらも賛成しましたが、デイサービスについては指定管理制度として市立で運営する意味を確認しましたが、相変わらずの答弁に少し落胆、、、

そして、老健施設に関しては、維新が天下り先となっている実態や、多くの会派から、公募の公平性の指摘をされていました。もちろん、泉井も両方に触れて質問をしましたが、そもそも維新の指摘はその人が、老健に就任したときから予想がついてましたので、当時指摘をしましたが、予想通りの展開でしたね。笑

結果としては上程されたものは全て全会一致、賛成多数で承認されています。

2018年12月13日 16:29

モバイルサイト

泉井ともひろスマホサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

◆ 泉井ともひろ 略歴 ◆

昭和56年4月26日生まれ
(生まれてからずっと吹田で育ちました)


  • ・民間企業経験16年以上(営業、福祉)
  • (平成21年~訪問介護事業所の所長として勤務)
  • ・介護福祉士
  • (専門知識と現場経験で市政を鋭くチェックしています)
  • ・吹田市消防団豊津分団班長
  • (平成26年ポンプ車操法大阪大会で優勝、三島地区では初となる全国大会出場)
  • ・単一自治会副会長
  • ・自民党大阪第七選挙区支部青年部幹事
  • ・NPO Kid`sすいた 代表
  • (子供たちが安心して遊べるよう砂場清掃などをしています)
  • ・全国若手市議会議員の会副部会長
  • ・看護を考える地方議員の会(吹田市代表)
  • ・吹田市議会議員
    (平成27年統一地方選挙にて初当選)各委員会の委員長、副委員長を務め、現在【健康福祉委員会/議会広報委員会】所属
  • ・近畿警察官吹田地区友の会会員
  • ・自衛隊吹田協力会会員

モバイルサイト

泉井ともひろモバイルサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!