吹田市議会議員 泉井ともひろ 
 <オフィシャルサイト>

若い力と行動力で大好きな吹田の未来に責任をもって取り組んでいます!

泉井ともひろ

ご挨拶ブログページ ≫ 最近の情報番組 ≫

最近の情報番組

ここ最近、情報番組でコロナ対策について、台湾や韓国との比較がされ、日本政府の批判ばかりが目立ちます。

確かに、支援補助や助成などが細かくてわかりにくい点、申請方法や書類の多さ、スピード感の無さなどには、相変わらずのお役所仕事にうんざりですが、台湾や韓国との比較で日本は遅れているという、コメンテーターにはもっとうんざりですね。

例えば台湾のマスクの販売について、しっかりと管理され、1人の購入枚数が決められていると言われますが、台湾は保険証のICチップで個室の購入枚数を把握しています。
これは、日本のマイナンバーカードを日本国民に義務付けていれば可能ですが、マイナンバーカードでの管理に関して、情報番組のコメンテーターは批判ばかりしていた記憶があります。

韓国では、GPSで行動を把握されていますが、これを日本で行えば、基本政府批判のコメンテーターの反応は言わずともわかります。

外出自粛も強制力が無いから駄目なんだと言うコメンテーターも沢山いますが、こうなる前に日本で有事外出禁止を強制できる法令案が出ようものならどのような発言をしていたか、、、

さらに、国民一律10万円支給に関しても公明党に押し切られたような報道ですが、自民党の国会議員も若手を中心に、スピード感をもって実施するべきと言う声はかなり多くありましたが、そこは報道されず、全てを国会議員、特に自民党政権に批判を集中させ、面白がっているようにしか見えません。
実際、自民党内でも収入減世帯への30万円支給の予算案には反対する動きまであったと聞いています。

そもそも、トイレットペーパーの品薄の時も一部のインターネットでのデマだけならあそこまでならなかったはずですが、情報番組やニュースで取り上げるから、多くが家事を担う主婦層の不安を煽り、あそこまで広がるのです。

批判は簡単ですが、今は誰かを批判するのではなく、この有事に対して、一丸となって対策に取り組まなければならないと思いますが、発信力の高いテレビが国会議員批判をすることで、国民と政治の距離は広がり、政治不信の拡大、政治に対してさらに無知になり、選挙にも行かない。

国会議員も地方議員もイメージや知名度、一部の宗教や団体推薦、もっと言えば駅に立って挨拶しているだけで当選する政治家が誕生してしまうのです。

 
2020年04月26日 15:08

モバイルサイト

泉井ともひろスマホサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

◆ 泉井ともひろ 略歴 ◆

昭和56年4月26日生まれ
(生まれてからずっと吹田で育ちました)


  • ・民間企業経験16年以上(営業、福祉)
  • (平成21年~訪問介護事業所の所長として勤務)
  • ・介護福祉士
  • (専門知識と現場経験で市政を鋭くチェックしています)
  • ・吹田市消防団豊津分団班長
  • (平成26年ポンプ車操法大阪大会で優勝、三島地区では初となる全国大会出場)
  • ・単一自治会副会長
  • ・自民党大阪第七選挙区支部青年部幹事
  • ・NPO Kid`sすいた 代表
  • (子供たちが安心して遊べるよう砂場清掃などをしています)
  • ・全国若手市議会議員の役員(事務局次長)
  • ・看護を考える地方議員の会(吹田市代表)
  • ・吹田市議会議員
    (平成27年統一地方選挙にて初当選)各委員会の委員長、副委員長を務め、現在【健康福祉委員会/議会広報委員会】所属
  • ・近畿警察官吹田地区友の会会員
  • ・自衛隊吹田協力会会員

モバイルサイト

泉井ともひろモバイルサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!