吹田市議会議員 泉井ともひろ 
 <オフィシャルサイト>

若い力と行動力で大好きな吹田の未来に責任をもって取り組んでいます!

泉井ともひろ

ご挨拶ブログページ ≫ 第4弾緊急要望! ≫

第4弾緊急要望!

CYMERA_20200414_222353
【吹田市への緊急要望第4弾】
先日、提出した新型コロナウイルス対策緊急要望第3弾(飲食店Ver)は、担当部局も現在、予算化に向けて奔走してくれていると伺っています。
さらに、追加で、本日、
自民党会派で 経済対策 、子育て教育 、職員体制と対応の強化 、広報の強化 #財源とその他
を市長と吹田市教育委員会に要望しました。

【主な要望】
※詳細は添付画像をご覧下さい。

●経済対策

1. 急激な収入の減少により家賃を支払うことが困難な場合など、市営住宅の家賃の減免措置や支払い猶予等の措置を講じること
2. 信用保証料の補助を拡充すること
3. 府の依頼を受けて休業する中小、小規模事業者の賃借料等を補助すること
4. 緊急要望第3弾(飲食店向け)の6つの要望を早期に実施すること

●子育て・教育に関する支援強化

1. 今後の休校延長や開校後の再休校に備え、児童生徒の自宅における、ネット環境を用いた学習環境の整備を図るとともに、児童生徒PC一人一台、校内LAN環境整備を進めること
2. ネット環境がない児童生徒に対する学習支援策も早期に整備すること
3. 教科書等の配布については、極力、屋外で行うなど、感染対策に万全を期すこと
4. 小中学校の給食費について、令和2年度は無償とすること
5.一人親世帯(児童扶養手当受給者)へ一時金を支給すること
6. 公立と私立の保育所で、給食費の返還等、差が出ないようにすること

●職員体制・対応の強化

1. 職を失った非正規労働者などを会計年度非常勤職員などとして雇用すること
2. 人員が不足する部署へ組織の縮小、配置転換により、非常事態に相応しい組織体制とすること
3. 在宅勤務を進めること。フレックスタイム制を導入すること
4. 窓口時間の延長、窓口を増やすことで、密集した環境を作らないこと
5. 行政手続きのオンライン化を進めること

●広報の強化
1. 緊急事態においては、市の公式LINE、Facebook、twitterは土日祝日も更新すること
2. すいた市報最新号は「新型コロナウイルス特集号」とし、分かりやすく周知すること
3. 補正予算可決後、すいた市報と別途、「新型コロナウイルス対策 吹田市独自予算概要」が分かるビラを早急に全戸配布すること

●財源について・その他

1. 財政調整基金を活用すること
2. 不要不急の事業を見直し、財源を捻出すること
3. 臨時会を4月中に召集すること

以上。
2020年04月14日 22:19

モバイルサイト

泉井ともひろスマホサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

◆ 泉井ともひろ 略歴 ◆

昭和56年4月26日生まれ
(生まれてからずっと吹田で育ちました)


  • ・民間企業経験16年以上(営業、福祉)
  • (平成21年~訪問介護事業所の所長として勤務)
  • ・介護福祉士
  • (専門知識と現場経験で市政を鋭くチェックしています)
  • ・吹田市消防団豊津分団班長
  • (平成26年ポンプ車操法大阪大会で優勝、三島地区では初となる全国大会出場)
  • ・単一自治会副会長
  • ・自民党大阪第七選挙区支部青年部幹事
  • ・NPO Kid`sすいた 代表
  • (子供たちが安心して遊べるよう砂場清掃などをしています)
  • ・全国若手市議会議員の役員(事務局次長)
  • ・看護を考える地方議員の会(吹田市代表)
  • ・吹田市議会議員
    (平成27年統一地方選挙にて初当選)各委員会の委員長、副委員長を務め、現在【健康福祉委員会/議会広報委員会】所属
  • ・近畿警察官吹田地区友の会会員
  • ・自衛隊吹田協力会会員

モバイルサイト

泉井ともひろモバイルサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!