トップイメージ

ご挨拶 ≫ お伝えしたい事

お伝えしたい事

1.ページの件

お伝えしたい事ページでは、泉井の取り組み及び日常活動以外で、お伝えしたい事を掲載しています。平成27.4.16

2.福祉業界からの、なぜ自民党?

泉井が高齢者、障がい者福祉の同業者に、なぜ自民党なのか(吹田の福祉業界では自民党支持者はあまり居ないようです…)と質問をされることがよくあります。福祉に関して言えば「活動のきっかけ」でもお伝えしていますが、吹田は国会議員に薬剤師の資格を持ち、厚労省畑で3期(厚労政務官・厚労副大臣・党厚労部会長就任)も働いている自民党のとかしきさんが居ます。そして泉井に、この吹田の福祉を良くしていく事は可能だと、具体的にしっかり説明して下さり、さらには日本全国に向けて医療、福祉など色々と発信していこうと言う力強い思いを聞きました。これからは専門的知見と現場感覚(現場を知っている)で判断ができる。そして何より熱い思いを持っている政治家が必要だと、泉井に声をかけてくれたのです。また、吹田の政党間で府政、国政との繋がりが自民党にはあります。ただ今では、そんな泉井に沢山の福祉従事者や当事者、福祉事業者や団体が期待を持って応援して下さっています

3.活動報告について

泉井の活動報告ですが、任期が始まり提出議案についての調べごとや市政相談などを日々行っています。このままでは毎日同じような報告となってしまいますので、視察など、特別に動きのあった際に更新をさせていただきます。

4.委員会、議会報告について

各委員会や議会報告は泉井の所属している又は特に関心の強い内容を簡潔にまとめていきたいと思います。市議会議員は秘書などは居ませんので全て一人で業務を行います。全ての報告をここで行うことは出来ないかも解りませんので、詳しくは「吹田市議会ホームページ」をご覧下さい。本会議の様子は映像で観ることもできます!是非、ご活用下さい。
※泉井の議会質問はコチラ「質問動画集」からご覧いただけます。

地域割りについて

吹田の自民党議員団は住んでいる地域をもとに6つのエリアで地域割りをおこなっています。しかし、吹田の市議会議員であるということは、もちろん吹田市全域が活動拠点となりますので、私の担当している江坂地域・吹田南地域以外の方も遠慮なく市政の相談などお寄せ下さい!!
そして遠慮なく応援をお願いいたします!

本会議の質問と答弁について、素朴な質問「意味あるの??」

ある市民の方からの「素朴な質問やねんけど、本会議のやり取りって、用意された原稿を読み上げているだけやん!あんな出来レース意味あんの?」の質問から答えさせて頂きます。

本会議の様子をご覧になられた方はご存知と思いますが、議員が質問を行い、次に理事者(行政)が答弁します。
そして「原稿を読み上げているだけじゃないか!」と思われた方も多いと思います。
確かに本会議では準備された原稿を読み上げるのが殆どです、、、笑
実はその原稿が出来上がるまでに議員と理事者は「答弁調整」というものを行っています。特に議員が市に対して要望など行う際は、いかに公の場(議会)で前向きな答弁を頂くかが大切です。また、理事者も議会で安易な事は言えないので出来ない事は出来ないとしか言いようがないのです。
そこで私は「答弁調整」や議会開催日以外の場で様々な情報を集めながら自分の考える案件に対して必要性を訴え、市に取り組んでもらおうと日々、努力しています。
このように議場での質問の裏では様々なやり取りが行われていることをご理解頂ければと思います。
詳しくは『泉井の更新ページ・「市議会を解説」』でも掲載していますので宜しくお願いします。

モバイルサイト

泉井ともひろモバイルサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000367471.jpg

◆ 泉井ともひろ 略歴 ◆

昭和56年4月26日生まれ
(生まれてからずっと吹田で育ちました)


  • ・民間企業8年間勤務
  • ・その後、訪問介護事業所の所長として勤務
    (平成21年~福祉業界へ。民間企業勤務経験は計15年間)
  • ・介護福祉士
  • ・吹田市消防団豊津分団班長
  • ・江坂一丁目自治会副会長
  • ・自民党大阪第七選挙区支部青年部幹事
  • ・NPO Kid`sすいた 代表
  • ・吹田市議会議員
    (平成27年統一地方選挙にて初当選)現在【健康福祉委員会(委員)/中核市移行に関する調査特別委員会(副委員長)/議会広報委員会(委員長)】所属
  •  

モバイルサイト

泉井ともひろモバイルサイトQRコード

泉井ともひろモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!